不貞の相手に対する慰謝料請求とは

 

不貞の相手に慰謝料を請求する際に、気を付けなければならないことがあります。
慰謝料を請求しても、関係を否定し、支払いを拒否する場合があるので、証拠は出来る限り確保しておく必要があります。
また、慰謝料を請求しても棄却される場合があることも知っておきましょう。
まず、配偶者との関係が破綻してるときの浮気、特に配偶者と別居後に浮気をしていた場合は慰謝料はゼロになったケースがあります。浮気相手との関係が発覚してから別居や関係が破綻した場合は請求できます。よって、前後関係はしっかり確認する必要があります。
また、浮気相手が、既婚者とは知らずに関係をもった場合も、請求しても棄却されます。更に、強姦やセクハラなどの強要である場合も同様です。
次に、時効が成立している場合です。3年以上前の浮気に関しては、慰謝料を請求しても棄却される可能性があります。
慰謝料には、相場はありません。どのような経緯で浮気にいたったのか、その年数や、嫌がらせなどの有無によって変わってきます。少額は10万からで、高額になると、300万以上になることもあります。
出来ることなら、しっかりと証拠を確保し、頼りになる弁護士に間に入ってもらい、解決することが、一番ストレスや時間のかからない方法です。お金04

 

コメントは受け付けていません。