慰謝料の請求は離婚前のススメ

もしも、主人が浮気をしていて、それに対しての慰謝料を請求しようと思っているのであれば、離婚前に請求するようにしましょう。浮気の慰謝料請求とは、主人が、異性の愛人と不貞行為をした場合、被害を被ってしまった配偶者に対して、貞操権侵害による、精神苦痛といった慰謝料として、損害賠償を請求出来ます。
ですが、この慰謝料は、すでに夫婦関係が破たんしている状態では、請求出来ません。何故かと申しますと、既に離婚をしておりますので、主人が異性と性的関係を持っていようとも、愛人との不貞行為が、夫婦関係の破たんとは因果関係が無いと判断されてしまうからです。
ですので、もしも主人が浮気をしているかもしれないと思ったら、出来るだけ早く探偵事務所などに、浮気調査の依頼をするようにしましょう。そして、決定的な証拠を見つけたら、主人から離婚を切り出される前に、慰謝料の請求をするようにして下さい。
また、浮気されてしまった事に対して、どうしても許せなくて、先に離婚を切り出してしまうのも、やめるようにしましょう。慰謝料を請求したいというのであれば、我慢をして、とりあえず証拠を見つけることが第一なのです。先走って離婚をしてしまった後に、慰謝料を請求しようと思っても、出来ませんので、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。