慰謝料と税金

慰謝料とは、夫側、妻側どちらかの有責で夫婦生活がこれ以上維持出来ない場合慰謝料を請求し、夫婦、または弁護士立会いのもとの話し合いで慰謝料の金額や、共有財産の分配など決めていきます。一括で払うのか、分割で払うのか納得するまで話し合い、合意の上で慰謝料を受け取ることができます。慰謝料に税金がかかるのかといえば、基本的には非課税です。所得税も贈与税もかかりません。何故なら例えば夫の財産は、夫1人で稼いで貯めたももではなく妻の内助の功あったからこそ出来た財産だと考えられているため、夫と妻の共用財産ということになります。なので、妻有責で離婚しても結婚後に貯めたお金は共用財産なので妻に自分持分を分離しただけで贈与には当たらないということになります。結婚前に貯めたお金は共用財産にはならないので、離婚対策に結婚したときに新しい通帳を作って新たにお金を貯めておくと
自分の貯金したお金を半分分けなくてもいいのです。財産を教えず、新しい通帳を作りある程度のお金を貯金して、奥さんに「うちの財産はこのぐらいだよ。」と見せるのもいいでしょう。しかし、相続税や贈与税が逃れるため目的の離婚がある場合もあります。その事例が判明した場合は所得税、贈与税、相続税など支払わなければいけないので、その目当てではないことを時間費用はかかると思いますが、きちんと証拠を残しておいて家庭裁判所で離婚の調停をして、離婚が成立すると、調停書の正本というのがもらえて、証拠資料となるからです。お金03

コメントは受け付けていません。